人と建築の環境を考え、新たな価値を創造する場所

沿革

2002年~ 岩井文彦建築研究所 開設

2013年  リノベーション・コンバージョン事業部「IDEA STYLE」設立

      古民家長屋再生保存・海外販売事業部「CASA japan」設立

      地域活性化事業部「ReBirth City」設立

2014年  コンサルティング事業部 設立

2019年  「株式会社Huool|建築環境計画」設立

会社概要

社名    株式会社Huool|建築環境計画

設立    2019年8月8日

資本金   3,000,000円

所在地   大阪市中央区本町橋2-22 第26松屋ビル3階

TEL    06-6920-0181

FAX    06-6920-1181

MAIL   info@huool-archi.com

事業内容  1. 建築全般・空間デザイン| 企画設計監理デザイン業務・CG作成業務

      2. 都市・地域|企画実行・地域活性化業務・コンサルティング業務

      3.家具・道具|設計・デザイン・販売業務

加入団体  大阪府建築士会

許認可   一級建築士事務所 大阪府知事登録 (ハ)第21574号

交通    地下鉄谷町線「谷町4丁目」4番出口

                    堺筋線「堺筋本町」1番出口徒歩5分

営業時間  AM9:30~PM18:30   (定休日)第2・4土曜日・日曜日・祝日

心掛け          一、誠実で素直であること

                     二、品格と礼儀を大切にすること
                     三、誇り高く信念を持ち初志を貫くこと
                     四、審美眼、本質と価値を知ること
                     五、深く、また先人に学ぶこと
                     六、情熱と熱意を持つこと
                     七、判断と実行をこころがけること
                     八、感謝と協力をわすれないこと

成功へ          失敗はあきらめたときに失敗となる
                     あきらめないことが大切である

活動            人のため 社会のため 世界のため 地球のため
                     自分自身のできることをすべて

趣味           旅(バックパッカー) 町並み散策
                     ゴルフ ロードサイクル 読書

 

代 表  岩 井 文 彦

資 格
              一級建築士(管理建築士)   登録番号  第320529号

              世界遺産学検定認定者

              伝統再築士

              インテリアコーディネーター登録番号 第030543A号

              インスペクター

              被災建築物応急危険度判定士

              既存木造住宅耐震診断・改修講習修了者

団 体

              加入団体 大阪府建築士会 会員

略 歴

              1996年~     小河原建築設計事務所
              岩本信一建築設計室   を経て
              家具製作「IDEA STYLE」設立

              2003年        ヨーロッパの風景、洗練された文化に惹かれ 渡欧

              (13か国/60都市)

              2008年        混沌としたインドの文化、風景に惹かれ 渡印
              (1か国/5都市)

              2009年        アジアの生活、今しか見れない風景に惹かれ 渡亜
              (12か国/50都市)

 

 

フィロソフィー

「デザイン性」(美しく)「経済性」(継続でき)「社会性」(意義のある)

の3つを念頭に

地域社会、顧客の問題を共に考え、発見し、解決し、価値を提供することであり、

その先にある豊かで心地良い暮らしを実現することである。

 そのために

「現在」今日を人と楽しみ、

「過去」昨日までの経験や伝統を大切に、

「未来」明日はとどまらず挑戦しやり遂げる

HUOOLが目指すもの

1. 社会に対して

    地域社会・顧客のニーズと満足を追求し、最適なツールを提供することを目指す

2.技術に対して

    日々技術力の向上に努め「プロフェッショナル」と「ビジネススキル」の

    バランスのとれた人材であることを目指す

3.共に働く人達に対して

    仕事と生活の調和のとれた環境を目指す

PAGE TOP