未来の創造:2050年までに世界の人口100憶。その先どこにどう住まうか?

少子高齢化が進む中世界の人口は2050年までに100憶になるといわれている。まだ増え続けるであろう世界人口。
日本は豊かな自然が残る中、都市部では人口集中のため高層建築物が立ち並ぶ。では世界はどうなのか?
今ある都市に人口が集中すると人は空中に住むことになっていくのだろうか。

1997年の映画フィフスエレメントの世界か・・・。いや海上に住むのか・・・海上都市はいろいろな未来都市計画案がある。
しかも人口が増えればあらゆるものの需要が増え続けるではないか。住宅、各製品、食糧、交通、エネルギーなど。

有限の化石燃料を考えれば自然にエネルギーを有効に活用できる住まい方がよい。さて、空中か海上か。
どちも結局空中なんですよね。海を埋め立てるか、海に浮かんで高層建築物を建てるのでしょうから空中は変わらないな。
あと地下も想定できますが、コストを考慮するとなしとして、夢を見れるなら宇宙かな。
宇宙も現在ではリアルに可能性があるのではないだろうか。

関連記事

2020年2月
« 6月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
PAGE TOP